初乳MAFの医師向け情報サイトです

健康補助食品 初乳MAF

初乳MAFとは(健康補助食品)

初乳は血液成分と非常に似ていて、マクロファージを活性化して免疫を高める、牛の初乳パウダーから製造する食品です。

初乳とは

初乳とは分娩後の数日間だけ分泌される、黄色味がかったとても貴重な乳汁のことです。初乳には免疫物質が多く含まれており、細菌やウイルス、様々な病気から赤ちゃんを守ります。

初乳中の免疫成分

牛の初乳には免疫成分、IgG, IgA, IgM の免疫グロブリンが豊富に含まれています。また免疫成分以外にも、ラクトフェリン、ミネラル、ビタミンなども多く含まれています。

マクロファージの働き

マクロファージは血液中の白血球の5%を占める単球(単核白血球)から分化します。免疫細胞の中心を担うアメーバ状の細胞で、生体内に侵入した細菌・ウイルス、また異物(がん細胞)をも貪食し消化します。

この活性化したマクロファージの重要な働きについて、エイズ、乳がん、大腸がん、前立腺がんの完全治癒例が報告されており、活性化マクロファージに対する評価、認識が一変される可能性が出てきました。
活性化マクロファージが、がん細胞と直接結合した後、活性化マクロファージがある化学物質(例えば過酸化水素)を遊離・放出してがん細胞を退治します。

マクロファージは抗原を摂取すると、各種のサイトカインを放出し、特定のT細胞を活性化させます。マクロファージは、食作用によって取り込んで分解した異物をいくつかの断片にし、もともと細胞内に持っていたクラスII MHC (MHC-II) と結合させて細胞表面に表出させます。これをマクロファージによる抗原提示と呼びます。

医療法人 再生未来 開発元:再生ファーマ